« ズコー | トップページ | marikagram »

2018年7月14日 (土)

西部警察ロケ聖地巡礼。

ファミリー劇場。

たぶん二年くらい前に放送されたやつらしい。

石原プロの平成の裕次郎()徳重聡と元テレ朝の佐木アナウンサーが当時西部警察が物見遊山シリーズで地方を回ったロケ地を訪ねて、数少なく()なった当時を知る人の話しを聞くとゆう番組。
いや、面白い。

当時の西部警察の並ならぬ人気ぶりがわかります。

西部警察はpart1では地方ロケはほとんどなかったけど、part2から割と増えましたね。

考えるに、西部警察はとにかくド派手!カネを湯水のごとく使って撮影してました。

何しろ第一話から装甲車が登場するわ、一話ごとにモブ警官の乗るパトカーをぶっ壊す!ぶっ壊す!
バスも爆破する

カネがいくらあっても足りやしない!
てか西部署の予算いくらなんだよ
本庁じゃねえぞ!
所轄だぞ

地方ロケが増えたのはやっぱりスポンサーだろうねえ。

話しに全然関係ないのに、企業の看板の大映しに、事件解決後に地元のホテルや温泉をアピール。

捜査中にコメディリリーフの峰竜太が名物を食べてうん!美味しい

当時の西部警察の人気や視聴率を考えたら相当な宣伝効果があっただろうね。

広島編では、ちょうど漫才ブームと同時期だったんでの洋七の
紅葉まんじゅ〜!のギャグで売り上げ大幅アップに加えて西部警察でも宣伝だからねえ。

さらにひろでんこと広島電鉄の協力もすごい!
路面電車を街中で爆破

交通を全面ストップして撮影したってんだから今では考えらんない。

石原プロ、石原裕次郎の人気、影響力は信じられないくらい絶大だったんだねえ。

極めつけの地元サービスは地元企業の社長らの西部警察出演!

ダイモンサン、ワレワレワゼンメンキョウリョクシマスノデ、ナントカハンニンヲタイホシテクダサイ
恐怖の棒読み
石原裕次郎の死後は一気に落ちぶれちゃったけどなあ。

舘ひろしは、ボスやリーダーの器じゃないんだよ。

徳重聡も見た目は二枚目でカッコいいんだけど、パッとしないね。

生まれる時代を間違えたね。

あの頃のメンバーも全てかっこ良かったわけじゃない。

ジョーこと北条刑事を演じた御木裕なんかもそのひとり。
まあ、カッコいいと言えばカッコいいんだけどとにかく大根役者。
もっともとっくに本人は役者は廃業してるようだけど。

当時のメンバーに徳重聡が入ったらかっこ良かったんじゃないかなあ。

三浦友和も出てたんだから。
もう二度とあんな豪快なドラマが作られることはないだろうね。

« ズコー | トップページ | marikagram »